ちいさいなかま

「ちいさいなかま」(詳細)

定期購読の申込みはこちら

2020年1月臨時増刊号 No.690<2019年11月28日発売>

子ども同士のトラブル

近年、子ども同士のかみつき、ひっかき、手や足が出る、ケンカなどのいわゆる「トラブル」によって、おとな同士の関係も悪化させるような状況があります。
一方、トラブルにならないほど、かかわりが薄い子どもたちが気になるという声もあります。
トラブルをどう見て、どう対応しているか、また、そのとき大切にしている視点について、子どもの発達や実践をもとに考えます。

小論

トラブルをとおして日常を問い直し、編み直してゆく
○ 岩川直樹 埼玉大学

読者より

子ども同士のトラブルに思うこと

I 乳児 子どもがう~んと思いをだせるために

1歳児
「でも、子どもたちにとっては?」 環境、過ごし方を整理する
○ 佐藤友里 福島県福島市・さくら保育園
1・2歳児
子どもも私も響きあう 友だちとの間で揺れる思いをつないで
○ 林隼史 福岡県福岡市・ちどり保育園
2歳児
友だちとだからこそ味わえる楽しさを知ってほしい!
○ 渡辺雄・柴田由紀子 埼玉県八潮市・八潮かえで保育園
2歳児
グループ活動でつながった子どもたち 安心できる居場所づくり
○ 岡出麻里 大阪府八尾市・八尾たんぽぽ保育園
小論
発達をふまえたトラブル対応と生活づくり 乳児期のトラブルを考える
○ 松田千都 京都文教短期大学

II 幼児・異年齢 受けとめて、ぶつかって、いっしょに大きくなる

3歳児
友だちになろう 一対一の関わりから子ども同士へ
○ 伊藤翔子 福島県福島市・さくらみなみ保育園
4歳児
トラブルの場は、成長の場でもある あそびを通してつながったきりん組
○ 新谷一郎 山口県山口市・たんぽぽ保育園
4歳児
友だちのために自分を変える 想いを出しあい、心が通ってなかまに
○ 坂口晴香 兵庫県尼崎市・おさなご保育園
5歳児
おとなだろ! オレを助けろ!
○ 松岡佳春 熊本県天草市・たからじま保育園
異年齢
思いを受けとめてくれるなかまがいる! なかまといっしょに育ってきたDくんの物語
○ 岩城朱里 静岡県静岡市・つくしんぼ保育園
異年齢
子どものそのままを受けとめあって
○ 伊藤未来・大谷菜味 愛知県名古屋市・くまのまえ保育園
小論
トラブルという形で立ち現れる育ち 幼児期のトラブルを考える
○ 滝口圭子 金沢大学